腰痛・肩こり 解消グッズ【枕&ベッド】

腰痛・肩こりの原因と対処法の体験談をご紹介します

【肩こりで悩む日々】

m010-032

20代後半の男性です。
数年前から肩こりに悩んでいます。

パソコン・ゲームによる肩こり

肩こりの原因は考えるまでもなく明確です。
日中は仕事ですので、パソコン作業の多いデスクワーク、終業してからは家でゲームをしたりテレビを眺める日々の繰り返しです。
若い頃は特に気にもならなかったのですが、最近は肩の凝っている感覚も痛みも感じるようになりました。
家族もおり、当然生活もありますので、仕事を辞めるわけにもいきません。
かと言ってこのままでは仕事もはかどりませんし、健康にも悪いでしょう。
どうすればいいでしょうか。

まずは、休める・コリをほぐす

まずは、肩を休めれば、コリをほぐせば肩こりが和らぐはず、と考えました。
肩を休めるには、仕事中のパソコン作業を減らすとか、家でのスマホやパソコン操作を控える必要があります。
ただ、作業時間を短くするにはパソコン作業時の効率を上げる必要があります。
すぐに出来ることではないかもしれませんが、今後していきたいことの一つです。

コリをほぐすのは意外と簡単に出来るものですね。
長時間のパソコン作業でも、手を休めて、軽く肩を回したり伸びをしたりしています。
肩が凝る前にこの動きををするととてもラクになります。
凝ってしまった後には、肩をもんでみたり、お風呂に入って温めるようにしています。
いわいる血行促進の効果を狙って、ですね。

確かに肩をもんでもらったり、お風呂に長い時間浸かっていると、肩の凝りがラクになってきます。
痛みも和らぎ、ほとんど気にならなくなります。
ただ、お風呂上がりに、ブログを読んだり、ネットサーフィンをしたりパソコン作業があるので、すぐにまた肩が重くなってきますね。
これはもう控えるしかありません。

つらいときは、葛根湯で血のめぐりを良くする

本当につらいときには、葛根湯を飲むようにしています。
これは特別なものではなく、熱やだるい時に飲む一般的な葛根湯です。
葛根湯には血のめぐりを改善する作用があります。
ですので、体調が悪い時でなくても葛根湯を飲むことで肩こりが気にならなくなります。

ただ、さすがに毎日飲むわけにもいきません。
安全だとは思いますが、お薬なので続けると肝臓や腎臓にも影響が出てくるでしょう。
という訳で、肩がこらないようにパソコン作業を減らして、身体を冷やさないよう心掛けています。
それでも凝ってしまう場合には、お風呂で身体をいつもより長く温めたり、葛根湯を飲んで対応しています。

スポンサーリンク