腰痛・肩こり 解消グッズ【枕&ベッド】

腰痛・肩こりの原因と対処法の体験談をご紹介します

【腰痛が起こる、5つの原因と解消法】

illust1_02_w190

1.筋力の衰えや、疲労によるもの

原因

激しいスポーツや長時間の運動をした時、また、重いものを持ったり、腰の筋肉に負担をかけた時などに、筋肉が疲労し、こわばってきてしまいます。
同じ姿勢をずっとしている場合も(デスクワーク・ドライブなど)、筋肉疲労の原因です。

解消法

やはり、ストレッチです。急性腰痛症(ぎっくり腰)で痛みが強い時は無理にしてはいけませんが、ゆっくりとストレッチをして筋肉をほぐしましょう。普段から適度な運動をし、肥満にならないようにしましょう。お風呂につかって温め、疲れをとるのも良いですね。

2.血のめぐりが悪いために起こるもの

原因

こわばった筋肉をそのままにしておくと、血管を圧迫することになり、血行が悪くなり、疲労物質がたまってしまい、痛みが出てきます。

解消法

こちらも、ストレッチやマッサージ、そして入浴して温める、などで血のめぐりを良くすることです。また、血行を良くする食品を取り入れてみましょう。よく、「血液サラサラ」などと言われる、「魚」「海藻類」「キノコ類」「野菜」などなど・・・お茶(麦茶、ウーロン茶、紅茶)も、良いそうですよ!甘いものや、脂っぽいものは、控えめに・・・。

3.姿勢の悪さ(ゆがみ)によるもの

原因

「猫背」と言われるような前かがみの姿勢や、片方ばかりに負担をかける荷物の持ち方、足を組む、あとは意外ですが歯並びの悪さなども、骨の歪みの原因です。これらの「ゆがみ」は、腰の筋肉に大きな負担をかけてしまい、腰痛の原因となります。

解消法

そのままですが・・・姿勢を正しくする、片方ばかりに重心をかけず、どうしても重いものを持つ場合は左右均等に、歯並びは治療して治しましょう。

4.ストレスによるもの

原因

ストレスによっても腰痛は引き起こされます。うつ病などとの関連性も報告されているそうです。そもそも「痛み」とは神経を通して脳が判断していますが、強いストレスを感じることで脳に異常がおきてしまい、別の何か(小さな異変)を痛みとして認識してしまうのです。

解消法

ストレスをなくすことが一番ですが、これを簡単にできるなら苦労しませんね・・・。もし、自分でストレスを解消する方法を知っていれば、発散してしまいましょう!でも、それができなくて悩んでいる方は、心療内科や心身医療科への受診をお勧めします。

5.内臓疾患によるもの

原因と対処法

内臓の病気によっても、腰痛が引き起こされることがあります。腰痛が長く続いているけど上記4つのどれにもあてはまらず、また、事故などの外的要素も考えられない場合は、病院へ行ってみましょう。

※【椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性脊椎症・・・など、腰痛の原因となるたくさんの病気がありますが、これら「病名」のつくものに関して専門家ではないので、詳しく知りたい方は、専門的なサイトをご覧ください!】

スポンサードリンク