腰痛・肩こり 解消グッズ【枕&ベッド】

腰痛・肩こりの原因と対処法の体験談をご紹介します

【枕・ベッドは、自分に合うものを選ぶべきです】

22歳女性です。今使っている寝具について、お話しします。前に使っていたベッドが壊れ、今現在は折りたたみ式のベッドに変えました。そのベッドは楽天で購入した1万円弱のベッドです。

低反発マットと高反発枕

材質としては、低反発マットの、薄い感じです。枕は少し高めの高反発枕。文字におこして改めてみると確かにアンバランスなので、その体験談を伝えていきます。
ベッドの上に敷いた薄いマットと、高めで高反発の枕で寝ているのですが、寝ても疲れが取れるどころか一向に肩がこる毎日です。

ベッドは、高いものを買う余裕もなかったので、安いものを買ってしまったのは致し方ないとしても、金属部分のズレか、原因は分からず毎日ベッドに乗っかるとギシギシ・・・と、うるさい!女性であり、そこまで体重が重いわけではないはずなので、寝相が悪いのか扱いが悪いのか、いずれにせよ、寝心地が良くはありませんでした。しかし、値段が安いということで、そこは仕方ないかと、我慢することにしました・・。

枕はかなりお値段がは良くて10000円ほどするものと高めだったので、親が使わなくなった枕を譲り受けました。最初の頃は、寝心地がいいな~くらいには思っていました。今までの安いところで購入した枕とは何か違うと思っていました。

朝から肩こり・・・

しかし、時が経つにつれて、寝ても疲れが取れないどころか、逆に肩がこるようになりました。明らかに、一日の初めから凝っている感覚がして、しまいには緊張型頭痛にまで発展する始末なのです。最初は、運動不足だの、デスクワークのせいだのしていたのですが、そのうち、枕とベッドのバランスが悪いのではないかと考え出し始めました。

枕やベッドは重要。自分に合う寝具を使うべき

高いから、きっといい枕だろう、ベッドはそこまで関係ないのではないか・・・などと、いろんな記事を調べたところ、枕やベッドはかなり重要だと気づかされ、もっと早くなぜ調べなかったのかと後悔。自分に合う寝具を使うべきでした。反省しています。本当に疲れているときは、寝心地とか気にせずに寝てしまうことが多かったので、肩の凝りや疲労はそんなに気にならなかったのです。

それも数ヶ月間放置したゆえの結果だったので肩はこるに凝って、頭痛にまで発展。正直それが枕のせいではないかと疑い始めたのが最近の話。もちろん今後これについて改善しなければ、何も変わらずただ悪化していくだけなので、これからは寝具選びには真剣に向き合おうと考えています。

ベッド云々は何かほかの堅いマットで補い、自分にあった寝具を研究していきたいですね。枕は今時自分の頭の形や高さにあった枕をオーダーメイドできるそうです。そちらのオーダー式の枕が今のところ一番気になっているのでそれを使ってみたいなという気がします!

スポンサードリンク