腰痛・肩こり 解消グッズ【枕&ベッド】

腰痛・肩こりの原因と対処法の体験談をご紹介します

【安い品物にはそれなりの理由がある】

30代、働いている主婦です。結婚当初、そこそこ値段の高いダブルベッドを買いました。
とても寝心地も良く不満はありませんでした。数年経ってもマットレスはヘタることなく形状もキープしていました。

足つきマットレス

夫婦で働いておりましたので、寝起きする時間も違っていて、同じベッドで寝ていると、どちらかが寝起きしたりすると少しですが振動が感じられ起きたりするようになったので、別に寝ようと思い、某家具屋の足つきマットレスのシングルを購入しました。購入金額は2万円位でシングルだとしても非常に安いです。中身の素材はポリエステル。中国製でした。

もともと本体がマットレスになっているので、マットレスを敷く必要はないと商品説明に書いてあったので、ベッドそのものにカバーを掛けて寝ることに。しかし、寝心地が悪い。次の日は本体に敷布団を敷いて寝ることにしましたが、やはり寝心地が悪い。安定感が悪く、中のコイルが少ないような感覚。

数か月経つと、マットレスがヘタってきました。そして足のついている部分が固い感じになります。もちろん、マットレスに4か所直接足がついているわけですから、全重量と体重が4点に加わるわけですから、当然の話です。足は着脱式ですので、外してマットレスとして使用すればマシかも知れませんが、ダブルベッドと並べて寝ていましたので、外して使いませんでした。

値段の差は、ここにある!安いのには理由があります。

値段の差はどこにあるのかというと、マットレスの中のコイルの数やサイズ、スプリングの材質、詰め物の質が異なるということ。実際、2つを調べてみたら、コイルの数が100程違っていました。それでは寝心地も変わってきます。きっと、材質も詰め物の品質も違っていたのでしょう。それにマットレスに足がついているので、外枠もないわけです。こうしてコストダウンを図っているのです。安いのには必ず理由があります。

その後、また元のダブルベッドに戻って寝ていましたが、全然寝心地が違いました。実際に寝比べてみると違いは歴然ですね。販売価格が安いとなると、それなりの材料、造りになるのは仕方のないこと。メーカーも利益を出さないといけませんから。

しかし、人は寝るという事に長時間を費やしています。質の良い睡眠は重要ですので、ここはケチらないで、自分の納得するものを購入することをお勧めいたします。

世の中には高級なベッドはまだまだありますので、一度使用してみたいですね。今のベッドよりも寝心地がいいものとはどんなものなのか。ただ、購入するときに、その場で寝転んでも本当の寝心地はわからないのが残念ですね。
購入前に一晩、寝心地を試せるのなら試してみたいです。

スポンサードリンク