腰痛・肩こり 解消グッズ【枕&ベッド】

腰痛・肩こりの原因と対処法の体験談をご紹介します

パナソニックのハンディマッサージ器で肩こりを解消しています

30代半ばの女性です。
首筋と肩から肩甲骨まで、痛みの伴う肩こりの症状があります。背骨の半分上が痛むこともあります。20代のときは、肩こりになっても狭い範囲の肩こりでおさまっていました。でも、30歳を過ぎてからは、肩こりの範囲も広がってしまって、こりの固さも酷くなっています。簡単にほぐれない肩こりになっているからです。普通の状態の肩であれば触ったり揉んだりしたときに皮膚が動きますが、私の肩の皮膚はそれほど動きません。凝り固まっているからです。

呼吸を辛く感じることもあります。肩こりの症状が一段と強くなるときは、プレッシャーを強く感じているときです。ストレスがあると、肩に重りを置いているような感覚になることもあります。

若いときは、自分で揉んだり、時間に余裕のあるときに整体院に行ったりしていました。エステに行ってボディマッサージで解消していたこともあります。30代に入ってからは、通う時間もなくなってしまったので、鎮痛剤に頼ることが増えました。鎮痛剤を飲まないと耐えられないほどの強い肩こりの症状が出ることもあるからです。

ハンディマッサージ器を愛用

エステや整体院に通う時間の確保が難しくなったことと、薬を飲む頻度を下げるため、パナソニックのハンディマッサージ器を購入しました。商品名は、パナソニック ハンディマッサージャー タタキチョッパーAUTO黒 EV 2610-Kです。

黒のボディで、肩をほぐす部分と肩コース、首筋コースの選択やほぐし方の決定スイッチ部分が紫色のマッサージ器です。「つよい」と「よわい」でほぐす力の調節と、「はやい」と「おそい」で速度の調節も可能です。調節するスイッチも紫色です。移動するときは、少し重いようにも感じますが、使うときは本体を軽く感じます。肩に担ぐようにして片手で抑えて使うものなので、肩に乗せて使っているときは、むしろ軽く感じます。

息が詰まるような辛さの肩こりの症状を持つ私の好きなコースは、パルス刺激で痛みを和らげた後に、合わせ手で刺激をして、最後に袋手というほぐし方です。パルス刺激は、どんなに痛い肩でも、楽に感じるような振動マッサージをしてくれます。振動なので、凝り固まっている肩でも、心地よくさせてくれます。合わせ手は、美容院や理容院で肩を叩いてくれるときの手技に似ています。両手を合わせて叩くあのマッサージ手法です。あの涎の出そうな手技が、パナソニック ハンディマッサージャー タタキチョッパーAUTO黒 EV 2610-Kの「合わせ手」で堪能できるので、肩の痛みやこりが大分楽になります。

ネットでも購入できます。今すぐどうにかしたい人のために

この商品は、ネットではアマゾンで購入が可能です。後継機種では現在、パナソニック ハンディマッサージャー ツカミタタキ AUTO 黒 EV2710P-Kがあります。ハンディマッサージ器の魅力は、在宅時に肩がこって辛い時にすぐに解消できる点です。誰も揉んでくれる人もいない、マッサージのお店に行くのも面倒に感じる、誰でもそんなときはありますよね。今すぐどうにかしたいというときに、活躍してくれるグッズです。

EV 2610-Kのたたき選択は、はり扇、合わせ手、袋手、こぶし、パルス、ウェーブ、振動という充実ぶりです。この全てのたたき選択は、後継機種の EV2710P-Kにも全て引き継がれています。体調に応じてたたき方を選べるところも、このマッサージ器の魅力です。

スポンサーリンク