腰痛・肩こり 解消グッズ【枕&ベッド】

腰痛・肩こりの原因と対処法の体験談をご紹介します

【肩こりを軽減する、3つの方法】私はこれで、肩こりが改善しました

40代に入る女性です。仕事はPC関係の仕事をしているので、目の疲れや肩こりはお友達という感じで、仕方がないと諦めていました。

しかし、30代と40代では肩の凝り方が違ってきてしまい、これはまずいと感じ始めました。
以前までは肩が凝っても定期的にマッサージを受けにいけば、なんとか持ち直していて、また1週間仕事が出来ていました。
(マッサージは金曜の夕方から夜にかけて通っていました)

しかし、週に一度の60分のマッサージだけは凝りが取れなくなっている事を感じ始めました。
肩こりから目の奥が痛くなり、やがて頭痛にまでなってしまう事が多かったので、肩こりをもとから改善するようにしなければいけないと思うようになりました。

1、背中矯正バンドをつけること

まず始めた事は背中の矯正バンドをはめる事でした。
以前、会社の同僚が仕事中の(PC作業中)姿勢が良くないと肩こりや目の疲れに繋がるからと、背中の矯正バントをはめていたのです。
背中矯正バンドは、はめている事は周りに全く分らないのですが、姿勢が正しくなります。
そんな彼女の事を思い出し、購入したものを教えてもらい私も始めました。

私が使っている物はスポーツメーカーから発売されている物です(数千円で購入できます)
ブラジャーと一体型になっているものなので、ブラジャーをつけずにつけらるので、とても便利で楽です。
(数日間はきつく感じる人もいるかと思いますが、すぐに慣れます)
背中矯正バンドをはめてからは、肩こりはかなり軽減されました。

2、ヨガをする

m003-088

次に始めた事はBSでやっているヨガを録画して寝る前にヨガをしています。
1回15分くらいのものなので、初心者でも楽に出来ますし、自己流でも録画したものを見ながらすると効果があると感じています。
ヨガを毎日やるのとやらないのでは、本当に肩の凝り方が全く違うのです。

一度、ヨガのポーズの流れを覚えてしまえば、仕事の休憩中も簡単なポーズなら周りに迷惑をせずにとれるものもあるので、職場でもやっています。
(出来ないポーズもあるので、あくまで周りに迷惑をかけないポーズ限定で)

3、眼鏡を作りなおす

眼鏡の度があっていないと肩こりの原因にもなると聞いたので久々に目の検診へ行きました。
やはり数年前とは度が違っていて、新しい度数で眼鏡を作り直したら、肩こりがかなり軽減されました。

私はこられの3つをする事で、以前のようなガチガチの肩こりにも悩まされる事が少なくなりました。
年齢によるものだと諦めずに色々な事を試してみて良かったです。

スポンサードリンク