腰痛・肩こり 解消グッズ【枕&ベッド】

腰痛・肩こりの原因と対処法の体験談をご紹介します

テーピングを活用して腰痛改善

年齢:40代、性別:男性

仕事上、腰に負担がかかっていました

コンサート会場などでの機器を扱う仕事をしていたので、重い機器を常に扱うことが多く腰への負担がきつかったです。40kgの機材を自力で運ぶようなこともありますし、2人作業でも140kgの壁などを持ち上げるなど、腰は毎日悲鳴をあげていました。腰痛が無い日はなく慢性化していました。帰宅してはアイシングしてから、湿布を貼る毎日です。次の日には腰痛用のベルトをして作業にかかります。休みも少ない職場でしたから、安静にする時間もなく治すことが困難でした。病院へ行っても「とにかく安静が一番です」と言われるのです。それが出来ないだけに困惑していました。

私の腰痛は、いつも腰のあたりが熱い感覚で、上下左右に腰を曲げようとすると激痛が出る症状で立っているだけでも痛いし、座っても痛いで腰に力を入れられなかったです。それでも仕事で力仕事があるので、腰をベルトで締めつけて下半身の力でなんとか持ち上げるようなことで対処していました。

キネシオテーピング

ある時、怪我をしたスポーツ選手が怪我をした場所にテーピングを巻いてる姿をテレビで観かけました。ガチガチに止めるテーピングでなく、怪我の回復や予防のためのテーピングだと知りました。そこでスポーツショップへ行き相談すると、そのテーピングが売ってるというのです。早速そのテーピングを腰に貼ってみたのです。キネシオテーピングと言って、怪我をした時に回復力を上げる効果や怪我をしない効果を持ってると噂されてました。どこまで効果があるのかわかりませんでしたが、少しでも腰痛の症状が改善するなら有り難いと考えて数個まとめて購入しました。

ネットでキネシオテーピングの巻き方を検索し、実践です。同時にキネシオテーピングの効果・効能についても学び、理論を理解した上で自分の腰に貼ってみました。感触はイイです。普通のテーピングは巻くものですが、キネシオテーピングは貼る場合もあり、特に腰だと貼るタイプになります。腰回りの筋肉を保護することと、回復を早める効果・効能があるらしく期待してました。結果として、貼らないより貼った方が断然に良いです。痛めてる腰回りの筋肉を保護してくれる点で安心感と共に筋肉への負荷を軽減させてくれます。回復力にどの程度効果があるのかわかりませんが、回復が早いのはたしかです。先ほども言ったように保護されてますし安心感がありますから腰が楽なんです。

私はキネシオテーピングの存在を知ってからは痛みがそれほど酷くない場合はキネシオテーピングをして、痛みが酷い時は腰痛ベルトを使用するようにしました。使いわけるだけでも、いつも腰痛ベルトをしてるよりかは腰に対して健康的です。

スポンサーリンク