腰痛・肩こり 解消グッズ【枕&ベッド】

腰痛・肩こりの原因と対処法の体験談をご紹介します

ノルディクウォーキングで腰の負担を減らして腰強化

年代:40代、性別:男性
私は30代の頃にスポーツをしていてギックリ腰になり、それ以来、治ったと思ったら、またギックリ腰になってます。スポーツ前に予防でストレッチをしていてギックリ腰になったこともあるので、毎回、ストレッチさえも慎重にしています。

あらゆる対策をするも、再発は続く・・・

完全に慢性的な腰痛持ちになってしまいました。ギックリ腰でない時でも腰の辺りに違和感が残り、常に腰が張っている感じで、少し痛みも感じる時があります。腰痛を解消するために整形外科に行き、対策を相談したりして腰痛に効くお薬を処方してもらってました。整形外科内にある高齢者が利用するリハビリ施設でも腰痛予防の運動もしてました。他にも接骨院へ行き電気治療をしてもらったりもしましたし、整体院へ行ったり、良いと聞けば民間のマッサージ店にも出かけました。しかし、受診後は腰の具合は多少は良くなるのですが、根本的に治るということはなく、ギックリ腰を再発させてました。

ノルディクウォーキング

今、振り返るとたしかに治療自体は効果があるのかもしれませんが、毎週通えるわけではなく、月に1回とかでしたので、対策として浅かったです。せめて毎週通えるようでないと、この慢性化したギックリ腰を治すまでには至りませんでした。そこで、色々と自分で出来る対策法を探していました。図書館で調べたり、ネットで調べたりしていたところ、海外のリハビリ施設で利用されてるノルディクウォーキングというのに辿り着きます。ノルディクウォーキングとはポールを2本使い歩くのです。ポールを使用することで体への負荷が三分の一に減らせるので、膝や腰が悪い方や手術後で筋力が無い方でもいろんなエクササイズをすることが可能なのです。

私はその方法に目を向け、ノルディクウォーキングを日本でも出来ないかと探しました。今でこそ、ノルディクウォーキングは有名になりましたが、私が知り得た当初は無名に近く、国内にもノルディクウォーキング協会はあるものの、習うには遠い県まで行く必要があり、また費用も高額で手が出せなかったです。そこで自分でやり方を調べて実行することに決めたのです。ノルディクウォーキングで使用するポールはリハビリ用に改良されており、一般のポールよりかなり軽量です。

耐久性もあり怪我をしてる人間には使い勝手がとても良いポールです。ポールを使用するのでウォーキングをする時も膝・腰に負担がほとんどありません。また、ポールで支えることで普段なら膝や腰が不安で出来ないエクササイズが出来るのです。購入するために国内のノルディクウォーキング協会へ問い合わせをして購入できる方法を聞き出しました。ネット販売をしてるサイトがあるとのことで早速購入です。協会から教えて頂いた方法でエクササイズをすると、たしかに腰への負担が少なく今まで出来なかった動きが出来ます。毎日少しづつしてると、腰回りに筋肉が付き始め、なんとなく腰の違和感が消えていく感覚も得てました。そして数か月後には、腰回りのリハビリ兼エクササイズにより、ギックリ腰になりにくい体質に変わったのです。ノルディクウォーキングは私にとって有り難い出会いでした。

スポンサーリンク