腰痛・肩こり 解消グッズ【枕&ベッド】

腰痛・肩こりの原因と対処法の体験談をご紹介します

デスクワークで肩ががちがちだった私が試した肩こり解消グッズ

私は30代前半の男です。
デスクワークでパソコンを使った仕事をしていて長時間パソコンに向かっていることが多く、肩ががちがちにこっていました。肩だけでなく首から背中にかけてなにか詰まっているような感じがして、ひどい時は頭痛もするほどです。集中力が続かなかったり、疲れやすく感じるようになり、夜もぐっすり眠れませんでした。
このままではまずいと思い、肩こりを解消するためにグッズやサービスを試してみることに。

最初はマッサージ、そして整体院

まず最初にもみほぐしのお店に行ってみました。肩の凝っている所をギューっと押してもらうととても気持ちが良く、すっきりしましたが2、3日するとまた元に戻ってしまいました。次に姿勢が気になっていたので、整体院に行って、姿勢のチェックをしてもらうと先生から2点、姿勢の悪さが原因で肩こりになっていると診断されました。
一つ目はいつもパソコンに向かってキーボードを打っていて、手が前に出ているせいで腕と肩をつなぐ関節が内側に向いてしまい、腕の関節と繋がった肩甲骨が本来の位置よりずれているため、背中が丸くなって筋肉が引っ張られているせいで肩がこっている。これを巻き肩というそうで、スマホをよく使う若者にも増えているそうです。

次にパソコンに向かって座っている時に骨盤が傾いている(腰を丸くした)状態で座っているせいで背骨が丸くなって、背中全体の筋肉が引っ張られて筋肉が疲労している、ということでした。そして、肩のこりを改善するためには、肩のもみほぐしをするよりも根本的に改善するためには姿勢を良くしなければ、何度も再発すると診断されました。たしかに私はパソコンに向かっている時は常に腕が前に出てキーボードを打っているし、気づくと腰が丸くなっていました。肩こりの一番の原因はこれだと思い、姿勢を良くするするためのグッズを探すことにしました。

ボディメイクシート

インターネットで調べていると、椅子の上に置いて姿勢を矯正することができるボディメイクシートというもの発見し、試してみることにしました。ボディメイクシートの形はチューリップが花開いたような流れる曲線の形がお尻から腰までを包み込むような形で座っているだけで骨盤が立つので背筋がピンとなります。最初は15分程度を目安に使用して、徐々に時間を増やしていきます。

使ってみた感想は最初は背筋を正して座る姿勢に抵抗があったので、逆に座っていると腰が痛くなりましたが、1週間ほど使っていると背筋を伸ばして座る姿勢に慣れてきて、それに伴って肩の痛みが少しずつ軽くなっていくのが実感できるようになりました。1ヶ月以上使用していると、普段の姿勢も良くなり長年苦しんでいた肩のこりもかなり楽になりました!
根本的な原因を改善することが大事だと実感しました。

スポンサーリンク