腰痛・肩こり 解消グッズ【枕&ベッド】

腰痛・肩こりの原因と対処法の体験談をご紹介します

【椅子に座り続けて腰痛になってしまった時の対処法】

30代、男性です。
腰痛になった原因は、毎日椅子に長時間座っていたり、冷え性だったり・・・
対処法は時々体を動かす、温める、よこになる、抗酸化物質を摂取する、デトックスを行うこと

長時間のデスクワークと冷え性で腰痛に

30代後半になってから腰痛がひどくなり始めました。デスクワークばかりで、椅子に長時間座り続けていることが影響したようです。椅子の座り心地が悪いものを使っていたことも影響しました。

そして寒くなると腰痛が出るという話はよく聞きますが、実際に私も寒い日に腰痛がひどくなっていました。
椅子に座り続けていると、体は同じ姿勢をずっと保っていることになり、それによって筋肉や神経の血行が滞ってしまいます。その影響が一気に腰に来たという感じです。もう少しストレッチなどを取り入れていけば、ある程度は防げたでしょう。

腰痛になって厄介なのは、仕事や作業に大きく影響するということです。腰痛がひどくなって作業効率がかなり悪化してしまいました。

腰痛の対処方法として行ったこと

腰痛がひどくなってから、ひとまず体を動かすストレッチは行うようになり、椅子を大きな椅子に取り替えました。それで一時的な改善は見られましたが、相変わらず酷い時があって、すぐに横になって休まなければいけないほどでした。

椅子に座っていると腰痛がひどくても、よこになると不思議と腰痛は無くなるのです。つまり腰の神経に負担がかかっていることは明らかなことでした。10分だけでもよこになって休憩すると、その後数時間は耐えられるといった感じです。

そしてストレッチだけでは足りなかったので、筋肉や骨を思い切ってもみほぐしてみました。通常は表面的なところをマッサージするだけだと思います。私の場合は骨までマッサージするような感覚で、強めにマッサージを行いました。すると腰痛はかなり改善できましたから、骨に腰痛の原因があって、そこをうまく刺激できたようです。

抗酸化物質の摂取とデトックスすることで腰痛に効く

近年なにかと体の不調は抗酸化物質だったり、カビなど真菌だったりということを聞くようになりました。腰痛だけでなく、体の様々な異常はこれらが影響していることは考えられます。

そこで抗酸化物質を積極的に摂取し始めました。通常の穀物酢、リンゴ酢、ビタミンCといったもので、体をアルカリ性に向かわせ、真菌をなくすデトックスをするような感じです。
ストレッチやマッサージと組み合わせることで、かなり効果を得られました。最近はひどい腰痛になることはなくなっています。

スポンサードリンク