腰痛・肩こり 解消グッズ【枕&ベッド】

腰痛・肩こりの原因と対処法の体験談をご紹介します

運動するための補助グッズ

53歳、女性です。絶賛更年期の最中です。
子供のころから背が高くて、人と話をしたりするときにかがみこむので姿勢が悪かったんです。誰がどう見てもわかりやすい猫背で、骨盤も下の方がまえに倒れるような形なので腰痛も持っていました。基本的に運動音痴なのでこれといったスポーツもしないし体を動かすのも得意ではありません。

ですので就職してから肩こりや腰痛とは常にお友達状態でした。それでも若いうちは何とか次の日までには、疲れも肩こりも腰痛も回復するようにはなっていました。出産してから子育てや仕事で忙しかったのもあり、放置状態。いつでも痛い。そのうちこっていない、痛くない間隔がわからないほどになっていました。

整体院に通い、寝具を購入

更年期を40代前半で迎えたときはさすがにそのほかにもいろいろ出てきたので、これは本当に何とかしなくては思い、整体に通いだしました。整体なんてマッサージと何がちがうの?と思っていました。その時限り楽になるけど一週間もすればまた行きたくなるだけでお金がかかるんではないかと思っていましたが、そこはそれだけでなく生活習慣から体質を変えていく方法を教えてくれる整体院だったのです。

まずは20万円ほどの寝具を進められました。一か月ほどお試しで借りることができ、二週間目ぐらいから朝すっきりと目覚められるようになり、起きたときの腰の痛みがなく、これは値段分はあると思って枕と一緒にローンで買いました。このほかにもちょっとした器具を使った運動をすすめられました。
かまぼこ型の枕を首の後ろに入れてただ寝るだけというものから、骨盤において膝を立てて左右に動かして背骨の周りの筋肉をほぐす運動とか。ストレッチポールのように背骨に沿って縦に入れてただ15分間寝て、時たま手足を動かすなど。ともかくこのかまぼこ型の枕は抜群に良くて肩こりには即効性がありました。

運動を補助するゴム

またこの枕と一緒に買った3色の2メートルほどの太さの違うゴムも使い勝手が良いのです。
ともかくシンプル。一番強いゴムは大きな関節の運動によく使うのですが、力仕事をしたり長く歩き続けなければいけないときなど、骨盤回りにまいて動くと、力が楽にかけられますし、腰痛の予防にもなります。またたすきのように肩にかけて使うと外した時に肩甲骨周りの筋肉がほぐれて、マッサージの後のようにすっきりとするのです。

寝具はお金がかかりましたが、ゴムと枕は1万5千円くらいのものです。
これで体操することで年がら年中マッサージに通わなくてよくなりました。自分でできますし楽ちんだし慣れると手放せなくなります。

スポンサーリンク