腰痛・肩こり 解消グッズ【枕&ベッド】

腰痛・肩こりの原因と対処法の体験談をご紹介します

No.3  ナス

nasu

実は、わたくし・知香は、「ナス」が大好物なのであります!
そのまんま「素揚げ」して、ポン酢でいただくのがサイコー!大根おろしなぞあれば、なお良し(^^)

トマトパスタに入れてもいいし、マーボーナスもおいしいよね~~~

お、おっと・・・話がずれてしまいました。

なぜ、こんな話を始めたかというと、実家が農家をしているというお友達に、大量のナスをいただいたのであります。
もう、ウハウハです。新鮮な、もぎたてのナスを、大量に。
そして、なるべく早く消費しないといけないので、数日、ナス料理ばかり続きました。もちろん、大好きなので、数日続いたくらいで飽きたりしませんよ。毎日おいしくいただいていましたが、ふと、「ナスの栄養って、どうなってるんだろう??」と疑問になり、調べてみたのでございます。

そしたらなんと、【健康に良い免疫力を高める食べ物】と、書かれているではありませんか。
夏場、体を冷やす野菜だ、っていうのは知っていましたが、意外なことに、口内炎や、いぼ、ガン、高血圧、動脈硬化、眼精疲労などにもいいらしい・・・。すごいんですね。

しかし、【栄養】という観点から見ると、栄養価自体は高くないみたいです。まあ、低カロリーでもあるので、ヘルシーなお野菜、ってことですね。でも、最近、テレビなどでもよく聞くようになった、【アントシアニン】という成分は、豊富なんだそうです。
この、アントシアニンは、天然色素であるポリフェノールの一種で、赤ジソやブルーベリーなどに多く含まれ、抗酸化の作用とともに、血栓ができるのを防いだり、目の疲労を改善する効果があります。確かに、通販番組の「目にいい商品」などで、アントシアニンの名前をよく聞きますよね。

夏野菜は全般的に体を冷やす効果がありますが、ナスはとくにその作用が強いみたいです。
昔から高血圧やのぼせ症にナスを食べるといい、といわれたのはこのためです。
夏場によく食べていれば、体を冷やし、のぼせを防いでくれます。私も、いっぱい食べますよ~~!

逆に妊婦などは、食べすぎると体が冷える弊害となりますので、量をひかえたほうがいいですね・・・
「秋なすは嫁に食わすな」ということわざの真意も、ここにあるといわれていますが・・・!?

また、ぜんそく持ちの方、せきがよく出る方も、ナスをたくさん食べると、症状が悪化する可能性があるんだそうです!私は、普段は大丈夫ですが、風邪気味になるとせきがよく出るタイプなので、そういう時は控えた方がいいってことですね。
ふむふむ、調べてみて、勉強になりました!食べ過ぎると危険・・・とは書かれてなかったので(笑)、これからも、安く出回ってる季節は、たくさん食すと思います!

みなさんも、【免疫を高め、抗酸化作用がある】ナスさんを、たくさん食べましょう(^^)

スポンサーリンク