腰痛・肩こり 解消グッズ【枕&ベッド】

腰痛・肩こりの原因と対処法の体験談をご紹介します

良質な眠りのために

冷えと眠りの関係

「冷え」は、肩こりや腰痛、便秘やむくみなど・・・様々な体の不調を引き起こし、睡眠まで妨害してしまうと知っていましたか?
日中、しっかり活動するためには、良質な睡眠をじゅうぶんにとることが重要です。

人間の身体は、夜になると体温を下げようとして熱を放出していきます。その、体温の低下が眠気となり、眠りの体勢に変わっていくのです。

しかし、体がもともと(日中から)冷えている人は、夜になってもそれ以上体温を下げられないため身体が熱を守ろうとし、体温の変動がなく、眠りの体勢に入っていけないのです。結果、寝つきが悪くなったり、眠りが浅かったり・・・と、良質な睡眠が取れにくくなってしまいます。

実は、腰を冷やすと腰痛を引き起こしてしまいます。特に、寝ている間は冷えやすいので要注意です。腹巻きなどで、お腹回りや腰回りが冷えないようにして、血のめぐりを悪くしないように、足元を温めるのも効果的です。

自律神経と眠りの関係

自律神経というのは、内臓や血液の機能をコントロールする神経のことです。このバランスが整っていると、睡眠がきちんと取れるのですが、乱れてくると内臓の機能が低下し、血液循環が悪くなり、ホルモンの分泌バランスもくずれ・・・良い眠りは取れず、体調をくずしてしまいます。

自律神経を整えるためには、普段から規則正しい生活・・・特に、早寝早起きを心がけ、眠る1時間くらい前に38~40度くらいのややぬるめのお風呂にゆっくりとつかり、(のぼせるほど長風呂はダメですよ)眠る態勢を整えてから、眠りにつきます。

ちなみに、ビニール生地のスウェットなどは、睡眠中の体温調節(熱の放出など)がうまくできなくなるため、パジャマは綿などのやわらかく、汗を吸収・放出しやすいものにしましょう。

スポンサーリンク