腰痛・肩こり 解消グッズ【枕&ベッド】

腰痛・肩こりの原因と対処法の体験談をご紹介します

坐骨神経痛で半年苦しんだ経験と感じたこと

30代後半男性です。4年ほど前に坐骨神経痛で約半年苦しみました。

原因は椎間板ヘルニアによるもので、椎間板ヘルニアになった原因自体は不明です。

オフィスで仕事中に急に腰の痛みが起こり、それから左足が数日かけてじわじわと痛み出しました。いつか自然に治るだろうと思っていたのですが、症状は治まらず、痛みで、歩くこと含めて日常生活に支障が出だしたので病院で精密検査を受けました。最初は筋肉の炎症だろうと言われて自然に治ると言われたのですが、まったく良くならず、再度検査を受けて「坐骨神経痛」と判断されました。

最初の検査で判明させてくれよと医師を恨みました。その医師は態度も悪くて、なるべく手術は避けたいと伝えたら「そりゃ誰だってそうだろ」とひどいことを言ってきて苦労しました。

 

生活にも、大きな変化が・・・

杖がないと歩くのもきつくなったので購入しました。100円ショップにあったのは嬉しかったです。ネットで、杖で歩く方法を調べてなんとか少しは歩くことが辛くなくなりました。また、普段は使わないエレベーターを使うようになりました。エレベーターを探すのは手間でしたが、ほぼすべての場所はエレベーターで行けるようになっていたのでバリアフリーのありがたみを感じました。一時的にですが、障がい者の方の苦労などを感じ取れたのは不幸中の幸いでした。

 

杖

また、電車で初めて席を譲られました。杖を持っているので気づいてもらえたのですが、こうした優しさがありがたかったです。逆に、電車の障がい者用の席の前に立っているのに、明らかに健常者の方が誰も席を譲ってくれない時は悲しかったです。

 

大変でしたが、完治できました

対処法としては、病院で痛み止めを処方してもらったり、リハビリを受けたりしました。数か月でほぼ完治できて本当によかったです。オフィスでも、長時間座ったままになっていると左足が痛くなるので頻繁に立ち上がるようにして対処していました。

 

上司に事情を説明して、溜まっていた有給を多く使って、休み休み働き続けました。杖で歩いていると同僚からいろいろ心配してもらえて嬉しかったです。横になっている時が一番楽(左足が痛くない)なので、連休中はずっと横になってノートPCで動画を見て過ごす毎日でした。当たり前ですが、健康な体が、普通に両足で歩ける生活がいかにかけがえのない物なのか痛感しました。

 

また、私の場合は幸い杖1本で大丈夫でしたが、松葉づえや車いすの生活はさぞ不便だろうなと、道を歩いていて障がい者の方を見ると心が痛くなるようになりました。そして、更に障がい者が楽に生活できるようバリアフリー化を望むようになりました。

 

スポンサーリンク