腰痛・肩こり 解消グッズ【枕&ベッド】

腰痛・肩こりの原因と対処法の体験談をご紹介します

【運動での腰痛と、マットレス】

football-560467_640

21歳・男性の腰痛体験とケアについてです。
一言で「腰痛」と言っても、痛み方や、「いつ痛むか」など、個人差が様々あります。その様々あるうちの中で、私が体験した腰痛は、「腰椎分離症」と「腰の疲労骨折」です。歳をとるにつれての腰痛とは違い、大学時代の部活(ラグビー部)で痛めたり、怪我などからくる腰痛です。

「腰椎分離症」とは

 これは、歳など関係なく老若男女誰にでも起きる可能性がある症状です。症状の文字どうり、腰椎が分離してしまい起こる症状です。スポーツや仕事などで、過剰な負荷をかけ続けたり、無理な姿勢の状態を継続してしまうことで、腰椎がズレてしまい神経に触れると、痛みが出ます。

「疲労骨折」とは

運動などで、毎回同じ部位に負担がかかっていることにより、骨にヒビがはいってしまった状態です。ヒビが小さい内はあまり、痛みを感じない場合が多く、知らない内に治っていることがほとんどです。しかし、負荷が大きすぎて回復しきれない状態が続くと、「ボッキン」と折れてしまい、これが「疲労骨折」です。

ラグビー部での負担が大きく・・・

私はラグビー部で、高校からやっているポジションから変更があり、「プロップ」背番号1番のポジションをやることになりました。その時の体重が80㎏だったのですが、大学のそのポジション平均体重が100〜120㎏です。大した差ではないと思う方もいらっしゃるかと思いますが、スクラムという固まってぶつかる場面があります。この時全力でぶつかると、体重か軽い方が背中が曲がってしまい、その状態で自分の前後からの押しがあり腰に負担がかかってしまいます。

毎日やっている内に、だんだん腰に痛みが出てきてきました。それでも少し痛いくらいだったのでいつもどおり練習をしていましたが、ある日、ぶつかった瞬間「グギッ」となり、「腰椎分離症」と「疲労骨折」を一度にやってしまいました。普段から柔軟してるから他のケアを全くやっていなかったのが、こんな形で一気に来るとは思っていませんでした。

2〜3日病院にお世話になり、腰に巻くプラスチック製のギブスをつけ、生活することになりました。立っている時、布団に横になった時など、何をやるにも腰が痛く本当に大変でした。

腰痛のケア

よく腰痛がある時に、腹筋背筋を鍛えるといいと聞きます。しかし、本当に痛いとそんなことできませんし、無理すると余計悪化してしまいます。なので、痛めて日が浅い内は、栄養面と症状に合わせて温めたり冷やしたりから始めることをお勧めします。

まず、ビタミンB1・E・B6・B12をとることで、腰痛を和らげ血行を良くする効果があります。もちろん回復に必要なたんぱく質やカルシウムも大事です。カルシウムは主に「牛乳」でとる方が多いと思いますが、牛乳のみで吸収できるカルシウムの量は実は少ないです。そのため、牛乳と一緒にビタミンを摂取するといいです。

温めたり冷やしたりはどうやって判断するか。それは、急性は冷やし慢性は温めるのが基本です。原則として、痛い部分が熱い時は炎症している時なので、冷やしてあげます。冷やし方は、市販のコールドパックなど使うのが簡単で効果的です。よく湿布を貼って冷やしたという方がいますが、湿布は貼った所を冷やしているのではなく、冷たく感じるものが入っているため、冷たく感じるだけです。

炎症していない時は、温めて血行を良くしてあげます。お風呂に入ることでもいいですし、ドライヤーやホッカイロや軽くマッサージなど色々な方法があります。

マットレスの使用

寝ている時に腰痛で目がさめる、これをなんとかしようと、私は大金をかけてマットレスを買ってみました。届いて1日目、寝てみて感じたことは、トゲトゲしてるのに意外と寝やすいんです。買った時期が夏だったので、少し暑く感じましたが、朝起きた時にいつものような肩や背中の痛さは全然ありませんでした。

一ヶ月使ってみて、夜中に痛くて起きる回数が減ってきました。やはり、高いものはいいものってことなのか。今は2年目ですが、相変わらずの良さは変わってません。少し腰からお尻にかけてが、柔らかくなってきたかなという程度で、耐久性にも問題ありませんでした。

どうしても痛い、夜に起きてしまい疲れがとれないという方は、こういうマットレスを検討してみてもいいかと思います。やはり個人差や症状の程度によりますので、治るかも!ではなく、ケアを続けながら、ないよりはいいかなくらいの感覚での使用をお勧めしたいです。

スポンサーリンク