腰痛・肩こり 解消グッズ【枕&ベッド】

腰痛・肩こりの原因と対処法の体験談をご紹介します

【常に腰をいたわる気持ちで】

私は50代後半の女性です。腰痛の体験についてお話しします。
若い頃は自分が腰痛で悩むようになるとは思ってもいませんでした。しかし30代後半でぎっくり腰になり、そのころから自分は腰に十分気を付けなければならないのだと自覚し始めました。

無理な体勢での除雪作業が・・・

除雪

そもそも私の腰痛人生がスタートした直接の原因は無茶な体勢での除雪作業でした。冬の間の運動不足解消とダイエットを兼ねて、あえて腰をひねるポーズでシャベルを使って除雪作業をしたのでした。全く無知な行動でした。作業後に腰が悲鳴を上げ始めたのです。それでもただの疲れだと思い放っておきました。

ところが数日後、車のトランクを開けようとしたところ、今まで体験したことのない音が腰から聞こえてきたのです。正に「ギクッ」という音でした。もちろん第三者には聞こえない音ですが、本人はしっかり聞こえました。それから私はぎっくり腰の辛さを体で学ぶことになりました。靴下を履くときはもちろん、トイレでも大変な苦労をしました。ぎっくり腰はよく聞くけれど、こんなに大変で辛いことだとは思ってもいませんでした。

結局医者には行きませんでしたが、近くの鍼灸院に行き、気分的に少し楽になりました。後は時間が経つのを待つのみでした。あの時以来、腰にはかなり気を付けるようになりました。冬を除いて庭や畑での野外作業も度々します。特に夏の草取り作業は腰にはかなり悪影響を及ぼします。しかし全くしないわけにはいきません。

なるべく腰に負担をかけない方法を、いろいろ試してみる

そこでできるだけ腰への負担を減らすべく椅子に座って作業をしたりします。ホームセンターで草取り用の車付きの小さな椅子を購入。座りながら移動できるので便利です。ただし椅子から離れて自由に動きたい時には、膝をついた姿勢で草取をすると楽です。

腰痛の原因は腰に無理な負担を掛けることですから、それをできるだけ軽減することが大切です。座椅子に座りながらこたつでパソコン作業をしていますが、私は座椅子と背中の間にクッションを挟んで座っています。その方が楽だからです。座椅子だけではどうも状態は良くありません。

座椅子も色々ありますが、本当に自分の腰が楽になるような座椅子はなかなか見つからないのが現実ですから。また正座の方が腰は楽ですが、残念ながら私は正座が苦手で長時間は無理です。椅子の方が楽ですね。

また乗り物、例えば長時間飛行機(エコノミークラスの場合)に乗るときなどは、椅子の背もたれと腰の間に枕を挟んおきます。これで結構長時間フライトは乗り越えています。どこへ行っても腰には注意を払わなければと思います。腰は体の要とえいえるほど重要な個所です。常に腰に思いやりを持って生活をしていきたいものです。

スポンサーリンク